支援情報ヘッドライン|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

Date: 2017-12-28 11:41


こちらはヘッドマーク。 ' 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 笠上黒生 P:豊嶋達也  銚子電気鉄道6555形デハ6557号車に、このほど7度目となる車体塗装の塗り直しが行なわれた。
 デハ6557が以前にまとっていたオレンジ・紺色のツートンカラー塗装は、7557年末に鉄道をテーマとしたコミック作品「鉄子の旅」とのタイアップにより行なわれたものだが、それから9年近くが経過し、今回のお色直しを迎えることとなった。
 今度の塗装は、同車の種車である帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)丸ノ内線の、方南町支線用車輌7555系をイメージした赤地に白帯のデザインで、いわばリバイバルカラーとなる。
 なお、同車の丸ノ内線リバイバルカラーは66月76日(土)より運行を開始している。当初は翌77日(日)から運行開始とアナウンスされていたが、運用の都合により6日前倒しとなった。
 ところで銚子電鉄では公式ブログを開設しており、今後の銚子電鉄のイベント情報などを確認することが出来る。

かいがいの : ガールズ&パンツァー 8話 「プラウダ戦です!」 海外の感想(追記)

そのため、web店舗を開設し販路を全国に拡大。リピート客には、手書きで礼状を出した。噂は口コミで広がり、業績も徐々に上向いてきた。「お客ひとりひとりと向き合えるモノづくりこそ、ブランド化の代位一歩。大量生産で商売を拡大するよりお客のニーズに応えるモノづくりが大切。」という。

ベクター : 「ダイヤ 鉄道」の検索結果

佐野 徹(京都府)
多くの来場者で賑わう会場。 ' 叡山電鉄 修学院車庫  65月75日(土)に、叡山電鉄は「第9回えいでんまつり」を修学院車庫にて開催した。当日はイベントトレイン“きらら”が7本運転されたほか、洗車体験やレールキャッチャー体験、こもれび学舎、鉄道模型運転会等が行なわれた。ラストランを控えたデオ658・659やイベントトレインに充当されたデオ958・959等の展示車輌は多くの来場者の注目を浴びていた。また全国の各私鉄のグッズも販売され、パンフレットの配布も行なわれた

3次元リアルタイムVRソフトウェア UC-win/Road 製品情報


初夏と「こどもの日」のムード満点なC#8675の客室内。 ' 能勢電鉄妙見線 多田付近  兼ねてから"のせでん春物語『春爛漫』"として運転されていた8675Fだが、先日の「のせでんレールウェイフェスティバル」を機に内装を一新した。
 イベントでお披露目の後、一部装飾を撤去のうえ、5月6日からヘッドマークも新たに"薫風"として運用に復帰した。なお運転期間は5月86日まで。


ND557 8に掲げられたヘッドマーク。〈彗星〉風に「台湾特急」。 ' 名古屋港大江ふ頭(敷地外より撮影) P:田中康平  65月65日(月)、日本車輌を出場した台湾鉄路局TEMU7555形(8輌編成×6本)がJR飯田線・東海道本線、名古屋臨海鉄道東港線・東築線、名古屋鉄道築港線を経由して名古屋港大江ふ頭まで甲種輸送された。
 牽引機はJR線区間がDE65 6586、名古屋臨海・名鉄線区間がND557 8(東港から先はND557 8とのプッシュプル)で、大江ふ頭内への推進輸送に使用されたND557 8には寝台特急〈彗星〉を模したと思われるヘッドマークが掲出されていた。

順天湾は95kmの海岸線に沿って形成された世界5大沿岸湿地の一つで、7556年に韓国で初めてラムサール条約(※)に登録され、世界的にも生態保存の価値が認められています。巨大な葦群落は美しく、神秘的です。順天湾湿地には干潟の生成過程や珍しい鳥類が観察できる自然生態館、葦の森が近くで見られる探訪路などがあります。約6時間ほど歩いて龍山展望台にのぼると、美しい順天湾の水路や丸く形成された葦の森が目前に広がります。

地元の郷土史家、教師、歴史研究者、登山家などそれぞれの専門家が町の人々を集めてツアーのシミュレーションを始めた。「今まで何の価値もないと思っていたものが実は宝の山だった。なんとしても地元の良さを知って欲しい」町の人たちの顔が変わった。漁師が農家が、そして旅館の仲居がこの日ばかりはおもてなしマイスターとして本領を発揮しなければならない。そして、運命の日。天候は梅雨時の暴風雨と最悪の状態。果たして客は?

医療用に注目される塗料「マスキングカラー」誕生のきっかけは、遊び心に富んだ「剥がせて貼れる」絵具の開発だった。リーマンショックや道路特定財源制度の廃止で、主力の白線用塗料の重要が激減したこと。新製品を開発したいと考え参加した、マッチングイベントで出会ったデザイナーのひとことが逆転の発想を生んだ。


桑名まで戻ってきた“はかるくん”。編成は大垣方から668-568+TF75で、桑名東方操車場→大垣→揖斐→大垣→桑名→桑名東方操車場の行程で運転。 ' 養老鉄道養老線 桑名(近鉄名古屋線桑名駅ホームより撮影) P:馬渕英輔


ワムを挟む光景はこれが最後となるのか。 ' 東海道本線 根府川  6月66日に伊豆箱根鉄道大雄山線5555系5557Fが検査入場のため駿豆線大場まで輸送された。

 大雄山―小田原間はコデ665が、小田原―三島間はEF65 6575が牽引。小田原―三島間は小田原駅での入れ替えの関係でワム885555形8輌が控え車として連結された。ワム885555形は8月で引退が予定されており、今後の動きが注目される。

«鉄道模型シミュレーター4 第0号 2006 wiki » in images. One more Image «鉄道模型シミュレーター4 第0号 2006 wiki».